絶対倒産しない!させない! 中小企業経営の全国ネットワーク 紹介でしか入会できないからこそ安心できる異業種商談
守成クラブ魚沼
SHUSEI CLUB UONUMA OFFICIAL SITE
守成クラブについて
守成クラブについて

守成クラブ魚沼

代表世話人

内山 治彦

(うちやま はるひこ)

守成クラブとは

「単なる異業種交流親睦サロンではありません。」

創設者 伊藤 小一

いとう こいち

昭和13年11月20日樺太に生まれ。敗戦から3年後すべてを奪われ引揚者として帰国、少年期より辛酸をなめる。大工に弟子入り、その後、青雲の志をもって上京、夜学に通いながら機械工として働く。この間5,000冊を越える書籍を読破する。30歳で(株)日本商工振興会設立、47歳で赤の他人に経営者の椅子を譲り、自らは「札幌初代会」を旗揚げする。この若手創業者の会からは多くの上場企業が誕生している。

良くありませんか。異業種交流という名の飲み会。

飲んでるだけで仕事が生まれる!

堅い会は好きじゃ無い。

そんなテローン!タラーンとした異業種交流をしていても、

 

企業の売上不振・業績不振を解消するような商談は多く見込めません。

 

守成クラブは、1次会はとにかく堅い!そして

 

とにかく商談!

 

とにかくアピール!

 

とにかく情報収集!

 

良くある甘ったるい会とは違います!

 

ですが、それだけ商談が成立します!

それだけ会に参加する意義があります!

社員やスタッフにも会に出ることが逆に重要だと感じてもらえます!

 

「異業種交流とか言いながら社長はただ飲んでいるだけなんじゃない・・・」

こんな言葉を社員やスタッフは言っているかもしれません。

 

守成クラブは単なる異業種交流親睦サロンではありません。

 

「異業種商談会の場です!」

 

余計な議論や不要な会議方式をとらずに、

 

とにかく売上げアップに直結する

実利に徹し、商売に徹して行われる会です。

 

活動の一つとして各地で月一回開催される

「仕事バンバンプラザ」があります。

 

この仕事バンバンプラザこそ守成クラブの醍醐味であり、

売上げアップ、業績アップに直結するきっかけを作る商談会です。

 

まず、通常の異業種交流会と違い。

大名刺交換会が行われます。

 

ここでは営業に直結するそれこそ最大決裁権を持つ経営者や代表の名刺が

一回の参加で100枚集まります。

 

さらに円卓7~8人が座りグループで車座商談会。

自己紹介、そして各社の商品紹介。

その後の商談懇親会では、自由に商談をすることができます!

 

みんなの前で1対1の名刺交換ができ、しかも全員と交換ができる。

 

そして名刺交換からそのまま迅速に。

 

面談・アポイント・商談づくり

 

とにかく商談成立までのスピードも期待できます。

 

何より全国の意欲的な経営者との

 

新しい縁。

 

新しい出会いがあります。

 

『一人はみんなのために、みんなは一人のために』

 

新しいチャレンジ、

めざすその無垢な心を真っ白な地色に、

そして、挑む勇気と燃える情熱が真っ赤な文字となりました。

 

また、「が・ん・ば・れ」の4文字は、

伊藤小一創設者の創始の心魂が表現されています。

 

地域の中小零細弱企業みなさん達よ!

 

がんばれ!

負けるな!

 

そんな会長の声が聞こえてきます。

 

是非、守成クラブに誘われた際には

 

まずは疑わず・決めつけず、

 

その目で確かめていただけると幸いです。

 

昭和13年11月20日樺太生にまれ。敗戦から3年後すべてを奪われ引揚者として帰国、少年期より辛酸をなめる。大工に弟子入り、その後、青雲の志をもって上京、夜学に通いながら機械工として働く。この間5,000冊を越える書籍を読破する。30歳で(株)日本商工振興会設立、47歳で赤の他人に経営者の椅子を譲り、自らは「札幌初代会」を旗揚げする。この若手創業者の会からは多くの上場企業が誕生している。

全国守成クラブ関連

copyright©2013 Shusei club Uonuma-Jotestu all rights reserved.